もりおかワカものプロジェクト

「雲を紡ぐ」でつながろうプロジェクト ​書評POPコンテスト開催決定!2021.10.11

こんにちは。
もりおかワカものプロジェクト(通称:もわっぷ)です。
現在私たちがプロジェクト協力している、
『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」通称『雲つなもりおか』についてご紹介できるときがやってまいりました(*^-^*)♪


盛岡市が舞台となる小説「雲を紡ぐ」(伊吹有喜著作)をテーマに、映像化を目指しながら、書籍や盛岡市鉈屋町界隈の魅力の発信するプロジェクトに参画してます。

■「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」の特設ホームページ
https://www.machinamijuku.org/kumotuna-morioka

■「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」のインスタグラム“雲つなもりおか”
https://www.instagram.com/kumotuna.morioka/

今月10月15日のコンセプトブックカフェ期間限定OPENを皮切りに、小説「雲を紡ぐ」の魅力・小説の舞台である盛岡や鉈屋町の魅力・物語のキーアイテムであるホームスパンの魅力を感じられる企画を予定しています。

■「雲を紡ぐ」でつながろうプロジェクト今後の企画のご案内♪
https://www.machinamijuku.org/post/

ぜひチェックしてみてください。

—————————————————————-

そして、もわっぷプロデュース企画をご紹介します!
もりおかの老舗書店「さわや書店」さんとのコラボ企画

【書籍「雲を紡ぐ」書評OPコンテスト開催

&参加作品大募集!!】

小説「雲を紡ぐ」の魅力や好きなポイントを
POPに表現してください♪

一緒にこのプロジェクトを紡いでいただける方大募集です(^O^)/
ハガキに文字やイラストでPOPを作成してご応募ください。

応募方法の詳細はこちらからご確認お願いします
↓ ↓ ↓
https://www.machinamijuku.org/kumotuna-pop

【作品例】


■審査結果は11/20に特設サイト内で発表します。また
・上位3作品はさわや書店本店にて期間限定(11/23~28)でPOPとして展示利用されます。
・応募された全作品を11/19~28に開催する「盛岡町家でみんなと紡ぐ展示会」で展示します。
会 場:「盛岡町家三㐂亭」(岩手県盛岡市鉈屋町9-35)

あなたのPOPがさわや書店様に掲載されるかも!ふるってご応募ください。

<応募方法>

2021年10月31日必着にて郵送でご応募ください。※送料は応募者の負担とします。

●ポップのサイズはハガキの大きさ(通常ハガキ100mm×148mm)に合わせたものであれば、用紙の種類は問いません。縦型、横型どちらでも可。手書き作品でもデジタル作品でも応募可とします。

◆通常ハガキを以下の内容で郵送してください。
・裏面にはポップを記載してください。
・表面には宛先と、応募者様の情報(①氏名、②年齢、③住所、④郵便番号、⑤電話番号)を記載してください。

<注意事項>

●ポップ面には制作者が特定できる情報は含まないでください。
●未発表のオリジナル作品でご応募ください。
●応募作品はお返しできませんのでご了承ください。
●本の著作権および肖像権を侵害する可能性のある作品、公序良俗に反するもの等主催者側で不適切と判断した作品は、展示及び審査対象から外すことがあります。
●ご応募いただいたポップ作品は「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」に関わる事業目的(特設ホームページ・SNSやポップコンテスト事業報告等)で使用することがあります。
●応募に際し提供いただいた個人情報は、当事業に関わる目的のみに利用し、他の目的には使用いたしません。

<宛 先>

〒020-0827  岩手県盛岡市鉈屋町3番15号大慈清水御休み処
『「雲を紡ぐ」書評POPコンテスト係』 宛て

応募〆切 2021.10.31(日)必着

たくさんのご応募お待ちしてます(^O^)/♪


【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人盛岡まち並み塾事務局
〒020-0827 岩手県盛岡市鉈屋町3番15号 「大慈清水御休み処」内
℡:019-656-1603   E-mail:machiya@theia.ocn.ne.jp
営業時間:10時~16時 (水曜日定休・年末年始休み)

新しい活動 「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」 のご紹介♪2021.09.23

こんにちは、お久しぶりです。
岩手県盛岡市鉈屋町界隈を拠点に、
「楽しみながら盛岡を元気にするプロジェクト」として活動している、
学生と若手社会人の有志の集い『もりおかワカものプロジェクト』です。
通称“もわっぷ”です。

盛岡市大慈寺地区鉈屋町界隈の寺院群の植物が、少しずつ秋色に変化してきました。

毎年定例開催していた「盛岡町家de手づくり市てどらんご」の開催見送りが続くここ数年ですが、
寂しさが続く中わたしたちも、この時代らしい活動が何かできないかと模索が続く日々です。
そして、これまでとはまた違った新しい活動を少しずつ始めています。

「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」と題して、

盛岡市が舞台となる小説「雲を紡ぐ」(伊吹有喜著作)をテーマに、
映像化を目指しながら書籍や盛岡市鉈屋町界隈の魅力の発信するプロジェクトに
参画することとなりました。
盛岡を紡ぐ一人ひとりが、自分のまちを知るきっかけとなり、まちとつながり、
愛着や誇りが芽生える、そんなプロジェクトを目指します。

主催:盛岡ブランド市民推進委員会
共催:盛岡市・特定非営利活動法人盛岡まち並み塾
協力:もりおかワカものプロジェクト

詳細はこちらからご覧いただけると嬉しいです。 ↓ ↓ ↓

■「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」の特設ホームページ

https://www.machinamijuku.org/kumotuna-morioka

■「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」のインスタグラム“雲つなもりおか”

https://www.instagram.com/kumotuna.morioka/

この「雲を紡ぐ」という小説は盛岡を舞台にしたホームスパンにまつわる親子三代の物語で、
小説の中でメイン舞台の一つとなるホームスパンショウルームのモデルとなったのが「大慈清水御休み処」なんです。

そう、私たちもわっぷの活動拠点となっている盛岡町家です。↓ ↓ ↓

プロジェクト協力へのお声がけをいただき、
今まで活動させてもらっている拠点地域盛岡市鉈屋町界隈の魅力をお伝えできる機会ということで、
われわれもわっぷがやらずしてどうする♪ということで動き出した次第です。

仕事後や休日を利用して、オンラインミーティングやSNSの活用を取入れながらと、
右往左往しながら色んなチャレンジをしながら準備を進めています。

盛岡在住ではないもわっぷメンバーとも、オンラインでやりとりができるのは
とても良いなと新しい発見もあり、

ミーティングは青空の下でやってみたりと、
今ある環境の活動に少しずつ慣れてきたところです。

そして改めて、地域やまちを見直してみたりしています。

ちょっと怪しいですけど、地域を色んな活度から切り取り調査中です♪

チームごとに動いたり、個人個人で時間をみつけながらの活動ですが、
様々な発見があってとても楽しいです。

時には鉈屋町界隈を飛び出して、

小説「雲を紡ぐ」に登場するスポットを調査したりしています♪

■「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」の特設ホームページ

https://www.machinamijuku.org/kumotuna-morioka

■「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」のインスタグラム“雲つなもりおか”

https://www.instagram.com/kumotuna.morioka/

「てどらんご」とはまた違う楽しみ方ですが、
「『雲を紡ぐ』でつながろうプロジェクト」
通称 “雲つなもりおか” として、一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。

楽しみながら盛岡を元気にするプロジェクト。
まずは小さく初めてみて楽しさがフツフツとじわじわとわいてくるような時間を目指したいと思います。

そして、自分が暮らすまちや、ここでの出会い、このまちで暮らす家族や仲間、自分自身のことも
愛おしく思えたり、誇らしく思えたり小さな発見を分かち合えたら嬉しいです。

これから、こちらでも情報をお伝えしていきますので、
久々にもわっぷの活動どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)♪